日本古来の武術のひとつである「柔術」には、相手を殺傷する「殺法」と傷ついたひとを蘇生・治療する「活法」があります。殺法と活法は、発展変遷をとげ、現在「殺法」の技は競技柔道に継承され、活法は負傷者に施す治療法として「ほねつぎ」「接骨」として伝承され、「柔道整復術」となっています。国家資格柔道整復師の技術がベースとなっております。現在、健康保険で認められる範囲での治療となると、「決められた時間」「決められた温熱・電気治療」での施術となってしまい「もっと話を聞いてカウンセリングできたら良くなるのに・・・」「患部以外も施術できたらもっと良くなるのに…」と歯痒い想いをしてきました。だからこそ、健康保険に囚われない本当に良くなる「整体技術」を体験していただきたいのです。

当院の整体について

【固体】骨(筋骨格系・カイロプラティックなど)筋・軟部組織(筋膜リリース、ストレッチ、マッサージなど)、神経・血管・内臓(内臓マニュプレーション)

【液体】体液・脳脊髄液(オステオパシー)、経絡・経穴(鍼灸)

【気体】エネルギー・氣(気功)思考(心理学)

人間は固体・液体・気体の3つの組織で成り立っており、治療法もアプローチする場所によって分類される。

姿勢の重要性

人間の身体は骨や筋肉と行った「体」だけでなく、自分の中の概念や思い込みなど「心(感情)」や「頭(思考)」によって動かされます。例えば、楽しい事があると体が軽くなる。嬉しいことがあると疲れが吹き飛ぶ。逆に、身体が疲れると痛くなる。痛くなるとイライラする。精神的に疲れると頭の回転が悪くなる。

「体・心・頭」はすべて繋がっており三位一体となって連動している。人間の身体を正常に保つために大事なことは「体・心・頭」のバランスを保つことです。

正しい状態に戻す=本来の状態に戻すことが重要だと思います。

人気施術 ~院長~

1位 坐骨神経痛

2位 変形性膝関節症

3位 変形性股関節症

4位 五十肩・四十肩

5位 神経痛(頸椎椎間板ヘルニア)

人気施術 ~副院長~

1位 肩こり

2位 頭痛

3位 自律神経失調症・呼吸改善

4位 顎関節症

5位 フェイシャルケア